新しく読みはじめた本のこと

島田荘司という作家さんの小説を読み始めています。綾辻行人があとがきを書いているので、これは期待できるのではないかな、と思われて。
この作家さんのミタライシリーズはドラマ化もされているみたいなので人気の人なのかもしれないですね。
400ページくらいある小説なのですが、文章自体は読みやすいし、字も大きくて良い感じなのです。

酔狂な造りの屋敷内で殺人が起きて、それを解いていくというのはほかのミステリ作家の作品とあまり変わらないですが。
舞台設定がピサの斜塔のような造りなのでちょっと興味がわきます。これを映像化するのは難しいだろうなあ、などと思ったりしています。
小説を読むのは時間がかかるけれども、楽しいので好きですね。